空気感がたまらない

Marbles Maddness

この時代のAtariゲームの代表作

Atariというゲームレーベルにはなんだか不思議な魅力がいっぱいです。

このMarble Madnessはその魅力が満載なタイトルのひとつ。

まずはプレイ動画を見て下さい。

ああ、この音、この空気感。

クーラーのガンガン効いた部屋の中で一日中プレイしたくなる。

現役の頃はアーケードでプレイしていました

Marble Madnessのデビューはアーケードであったと記憶しています。

筐体には大きめのトラックボールがひとつインストールされているだけで、ひたすらそのボールをバンバン回すだけのプレイ内容だったと思います。

でも、それで充分、かなりの無理ゲー。

現代に蘇ったマッドネス

実はnVidiaのRTXのデモで復活しています。

でも、残念ながらオリジナルほどの魅力は感じません。

超絶にグラフィックや物理エンジンは進化しているのに、なんでだろうかイマイチ魅力を感じない。

ゲームってのはリアルさだけが良いゲームの要件ではないということですね。

どこまで気持ちが入り込めるか。

ああ、トラックボールを回しまくっていた頃がなつかしい。

目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA