牧歌的な時代だった
nintendo space fever

任天堂謹製インベーダー亜種

あの任天堂が人のマネをするわけがない、はずなんですが、そうでもない時代がありました。

正直真相半々なんですが、確か中学生のころ映画を観に有楽町あたりへ行って、時間調節で入った喫茶店、テーブル型のゲームを見つけて早速プレイすることにしましたが、なんかゲーム機に違和感を感じる。。。

目的だったのはスペースインベーダー。

そのころは日本がテレビゲームというエンターテイメントの幕開けのころでスペースインベーダーはその代表的なタイトルでした。

ところが、そのインベーダーと思っていた画面に映っている自機、敵、なんか微妙にデザインが違う。

音も違う、なんだこれ?

数回プレイしてみましたが、大まかにはスペースインベーダーと一緒な感じだけどやっぱり違う。。。

くらいな記憶でした。

その正体が、このスペースフィーバーby任天堂。

タイトー製のスペースインベーダーが白黒だったのに、任天堂のほうは色がついてる!

さらに音が少し複雑になっている!

ゲームの中のキャラのデザインが違う!

まぁ、それくらいの違いしか無いように思えますが、妙に記憶に刻まれたゲームでした。

目次

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA